スポンサーリンク
スポンサーリンク

【荷物を減らしたい方必見】子連れ海外旅行の持ち物リスト【小学生編】

子連れ海外旅行におすすめの持ち物子連れ海外旅行
お悩みママ
お悩みママ

子連れで海外旅行へ行きたいけど、持ち物は何が必要なのかしら?

パパ
パパ

あまりにも荷物が多いと重くて重量制限に引っかかりそうだし、帰りはお土産が入りきらなくなりそうだよね。

 

シロクマ
シロクマ

子連れ海外旅行の持ち物は、カテゴリーに分けて必要最低限をパッキングするのがベスト。どんなものをどれぐらい持って行けばいいのか、詳しく解説するので参考にしてみてね。

 

本記事のテーマ

子連れ海外旅行で必要な持ち物と適量を知ろう。簡単パッキングで楽々旅支度。

読者さんへの前置きメッセージ

こんにちは、マルリン(@eigotas)です。

この記事は「子連れ海外旅行に何を持って行けばいいか知りたい」という方に向けて書いています。

子連れ海外旅行は、荷物が多く準備が大変ですよね!本当に必要な持ち物は何か?最低限の必要な数量はどれぐらいか?

 

これさえ把握できれば、荷物をぐっと減らして簡単に荷造りを終わらせることができます。

子連れで7ヶ国10地域を旅したマルチリンガルの筆者が、いつも海外旅行に持っていくおすすめの持ち物をリスト付きで紹介します。

 

皆様のお役に立てれば幸いです!

記事の信頼性

記事を書いている私は、マレーシア在住歴17年。英語、マレー語、広東語を話すマルチリンガルです。21歳の時、初めての海外旅行でアメリカ大陸を横断したのをきっかけに、海外旅行がライフワークになりました。特技は、格安航空券を見つけることと、子連れツアーのプランニングです!
スポンサーリンク

子連れ海外旅行の荷物を減らすコツ

子連れ海外旅行の持ち物

子連れで海外旅行へ行くときに、最初の大仕事となるのが荷物のパッキングですよね。

大人だけならそんなに荷物は増えませんが、子供が一緒だと、あれもこれもとどんどん荷物が増えてしまいます。

 

海外旅行中に撮った飛行機の翼

できるだけ安く海外旅行へ行くために、我が家ではLCCを利用することが多いのですが、LCCは重量制限が厳しいんです…。

でも、そのおかげで重量制限でオーバーしないように、自然と荷物を減らすパッキング方法が身につきました(笑)

 

今日は皆さんに、少しコツをご紹介してみたいと思います。

トランクは1個にする

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

チェックインするトランクは、できるだけ少なくするのが鉄則です。

 

我が家は小学生の娘と筆者の二人旅で海外旅行へ行くことが多いので、トランクは1個にしています。

空港でのハンドリングも楽ですし、荷物がいつまでも出てこなくて待ち続けるという可能性が減ります。

 

4人家族や5人家族の場合は、大人1人につきトランク1個というくくりにすると良いのではないでしょうか?

 

 

シロクマ
シロクマ

圧縮袋を使うという手もあるけど、帰りのお土産のスペースも考えたら4人家族でトランク1個は無理だよね。

 

現地の天候を確認する

子連れ海外旅行でおすすめの国インドネシアのバリ島

海外旅行の出発日が近づいてきたら、現地の天候を確認しましょう。

荷物の中で一番場所を取るのが衣類です。

衣類を減らすためには、気温や湿度をチェックして天候に合わせたものを持っていくのがベストです。

 

私は、出発前に現地の人の服装などをSNSで見て、服装の雰囲気をチェックしていますよ。

 

衣類は必要最低限

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

子連れ海外旅行で必要な衣類の枚数ですが、宿泊する日数から必要枚数を割り出します。

我が家の場合は

3泊まで→大人も子供も日数分
4泊以上→大人3日分、子供4日分

が基本です。

4泊以上泊まる時には、必ず洗濯用品を持参して洗うようにしています。

 

家族の人数が多い場合はコインランドリーを利用することをおすすめします。

 

マルリン
マルリン

おすすめの洗濯グッズは文末の方で紹介しています。

 

暇つぶしは100均おもちゃorタブレット

タブレットを見る小学生

高い航空会社の飛行機なら、機内エンターテイメントがたくさんついていますが、我が家はLCCを利用することが多いので、そういったサービスがありません。

そこで、機内や待ち時間の暇つぶしアイテムとして、100均のおもちゃやタブレットを持ち込みしています。

 

100均のものなら、サイズも小ぶりで使い捨てにできそうなアイテムが豊富です。

 

ちっち
ちっち

おでかけ前にネットがいらないゲームとか動画を、タブレットにダウンロードしてるよ!

 

おやつは小分けタイプにする

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

子供を海外旅行に連れていくときは、必ずおやつや軽食を持参するようにしています。

 

突然「何か食べたい」と言われても、旅行中は買える場所が見つからなかったり、子供の好きな食べ物が売ってなかったりするんですよね…。

おやつや軽食を持って行けばこんな時にすごく助かります。

 

小分けタイプなら、ゴミが少なく食べきれる量なので後始末も楽です。

 

手荷物とトランクの両方に分けて入れておきましょう。

自分のものは自分で持たせる

リュックを背負った小学生

小学生になったら、自分のものは自分で持たせるようにしましょう。

 

我が家の場合は、大人用リュックの紐を短くして娘に荷物を持たせています。

機内持ち込み用のおやつ、おもちゃ、本など、子供が自分で詰めています。

このリュックは、現地についたら私のサブバックとして水やガイドブックなどを入れて使い回しています。

子連れ海外旅行の持ち物リスト

 

以下に3泊4日以上を想定した際の我が家の子連れ海外旅行の持ち物リストを載せました。

カテゴリー別に以下の順で掲載しています。

・貴重品類
・衣類
・洗面道具など
・その他
・暑い国/寒い国
・機内持ち込み品

各項目ごとに選び方のコツやワンポイントアドバイスを入れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

貴重品類

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

貴重品類は、忘れたら出国できないものもありますので要注意!

すべての物が出揃ったら、出発前にもう一度確認してから家を出ましょう。

パスポート人数分用意するコピーを忘れないように
航空券eチケットの控えをプリントアウトしておく
クレジットカードVISAとMasterの両方で2,3枚持つことをおすすめします。
筆者が利用しているのは、楽天*(VISA)、エポス*(VISA)、HSBC(Master)の3社。*海外旅行保険がついて年会費無料
現金日本円と現地の通貨の両方を用意。
子連れで両替に行くのは難しいので事前に行います。※空港はレートが高いのでおすすめしません。
※マレーシアのおすすめ両替所はこちらの記事で紹介してます。
※ドルかユーロなら、外貨両替宅配サービスを使うと便利。
海外旅行保険証券私の分:クレジットカードに付帯するサービスを利用
子供の分:出発前に夫が申し込み
ホテル・現地ツアーの予約コピーホテルや現地ツアーの予約内容は、必ず印刷して持っていきます。
※現地でwifi環境が良くなかったり、万が一スマホが盗難に遭った場合に備えてハードコピーを用意ています。
スマホ・充電器類現地の地図、観光スポットなど事前に調べてスマホのメモ欄に入れておく。カメラや電卓としても便利。
※変換プラグやUSBコードがつなげる飛行機や空港の待合スペースが多いので、充電関連のグッズも一緒に入れると便利。

 

衣類

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

衣類は古くなったものや、捨てても構わないようなものを持っていきます。記念になるようなTシャツなどを買ったりしますので、現地で捨てて帰れる服を持っていくのがおすすめです。

海外旅行中には、屋内のエアコンがきついところがあったり、急な天候の変化で寒くなったりする場合もあります。

 

必ず羽織れる上着かストールを一枚持っておきましょう。

大人用
トップスシャツ(半袖or長袖)x3枚、セーターorトレーナーx2枚
羽織れるカーディガンorウィンドブレーカーx1枚(エアコン/寒さ対策)
ボトムス半ズボン+長ズボン+スカート、合わせて2、3枚
下着・靴下各3セット分
※カップ付きインナーを使用して下着の数を減らしています。
パジャマパジャマのズボンのみ
※上は翌日に着るシャツを着て寝ます
子供用
トップスシャツ(半袖or長袖)x4枚、セーターorトレーナーx3枚
※子供は汚す可能性があるので大人よりプラス1枚多めに入れます。
ボトムス半ズボン+長ズボン+スカート、合わせて3枚
下着・靴下各4セット分
パジャマ上下x1セット
※子供は服を汚す可能性があるので上下で入れます。

 

洗面道具など

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

洗面道具は液体が含まれますので、パッキングの際はジップロックやビニール製のポーチなどを利用することをおすすめします。

また、海外旅行で飛行機に乗る際は、液体類の持ち込みに制限がありますので、容量の大きいものは小分け容器に移し替えるか、トランクにチェックインするように気をつけましょう。

ハサミ、カミソリ、爪切りの類は手荷物で持ち込めません

 

必ずチェックインするトランクに入れるようにしてください。

 

シャンプー、リンス、
ボディーソープ、洗顔料
使い慣れたものを小分け容器に詰め替える。
※私は無印の詰め替え容器を使ってます。
歯ブラシ、歯磨き粉、
デンタルフロス
海外のホテルにある備え付けの歯ブラシは、大きくて使いにくいです。使い慣れたものを持っていくのがおすすめ。
※ケースだけ無印で、中身はその都度スーパーなどで買い足してます。
ヘアブラシ海外のホテルでは泊まる場所によっては、コームしかありません。女の子がいる場合は持っていくことをおすすめします。
※筆者が利用しているのはこちら→
化粧品女性のみ

※私はあまりメイクしないので数量が少ないですが、メイク類が多い方は、機内持ち込みで引っかかる可能性があります。
※100ml以下の容器に入れ替えるか、液体で大きめのものはトランクに入れましょう。

メガネ・コンタクト必要な方のみ

※我が家は夫以外視力がいいので不要。
※タブレット用にブルーライトカットメガネを使っています。

グルーミングセット爪切り、耳かき、毛抜きなどがセットになったもの。
※筆者が利用しているのはこちら→

 

その他

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

子供を海外旅行へ行く場合は、外で食事をする時の衛生面が気になります。

手軽に使える除菌アイテムは必須の持ち物と言えるでしょう。

常備薬は普段から使っているものを持っていくようにしています。

海外の薬は成分が強いものが多いので、副作用が心配ですよね。

常備薬解熱剤、胃腸薬、酔い止めなど
ビニール袋大小違うサイズで各3枚ぐらい
ポケットティッシュ東南アジアはトイレに紙がないところも多いので、必ず持っていきます。
ウェットティッシュ外出先で食事するときにお手拭きとしても便利。東南アジアでは、食器が汚い屋台などもあるので、必須アイテム。
除菌ジェル手を洗える場所がない時に役立ちます。子供はあちこち触るので動物園などに行くときは必ず持っておきたいアイテム。
※現地でも売ってるので旅先で買うのもおすすめ。
ジップロック汚れ物を入れたり、食べ残しを入れたり、マルチに使えて便利。大・中・小サイズ違いで各2、3枚持っていくと良いでしょう。
折りたたみ傘大人用の雨具として1本
子供用カッパ子供用の雨具は、両手がふさがらないカッパがベストです。
エコバッグ海外のスーパーではレジ袋が有料のお店が多いです。エコバックは荷物が増えすぎた時にも活躍するので、1枚は入れておきたいアイテム。
室内履き我が家は外履きしているビーチサンダルを室内履き代わりに使います。海外のホテルはスリッパがないところも多いので、1足あった方が便利。

 

暑い国・寒い国

海外旅行の持ち物で寒い国におすすめのもの

暑い国や寒い国に行く時は、以下のリストを参考にしてください。

暑い国
日焼け止めアウトドアやレジャーをする際に、必ず持っていきましょう。海外だと子供向けのものが分かりにくいので、使い慣れたものを持っていくことをおすすめします。
虫除け東南アジアの国は一年中暑い地域が多く、蚊があちこちにいます。虫除けがないと子供が刺される可能性が高いので必ず持っていきましょう。
虫刺されの薬虫除けをつけていても蚊に刺されることはありますよね。海外で子供も使える薬を見つけるのは大変なので、使い慣れたものを持っていくことをおすすめします。
帽子/サングラス暑い中屋外を観光する時は、必ず持っていきましょう。
水着我が家は水着の他に、ラッシュガードも持っていきます。日焼け対策におすすめです。
子供用
・マフラー/手袋/コート防寒具は大人用、子供用両方持っていきましょう。ストールなどがあると便利。

 

機内持ち込みするもの

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

最後に、我が家が機内持ち込みしているもののリストを紹介します。

 

機内持ち込みは、20リットルのザックと普通サイズのリュック、それに貴重品を入れる肩掛けバッグの3つにしています。

一番大きいザックには、防寒具やあまり使わないものを入れます。

 

普通サイズのリュックは、小学生の娘に持たせているので、子供の物(おやつ、ゲームなど)が入っています。

 

貴重品類大小違うサイズで各3枚ぐらい
子供のおやつ小分けタイプのスナック菓子、キャンディ、個包装タイプのクッキーなど。賞味期限が長く溶けないようなお菓子を選んでいます。
ゲーム類小さい頃はぬりえやシールブック、小学生になってからはボードゲームなどを100円ショップで買っています。
ネックピロー
空気枕
ビーズタイプのものは子供が使っています。私は空気を入れるタイプですが、どちらかというと感触はビーズタイプの方が好み。場所を取るのがデメリットですね。
耳栓普段から耳栓がないと眠れないタイプなので、ネットでまとめ買いしています。安くて防音効果が高いリピートアイテムはこちら→★
マスク子供用と大人用をそれぞれ2、3枚ずつ持っていきます。飛行機の機内が乾燥しているので喉が痛くならないようにマスクをした方が良いですね。
アイマスク機内でゆっくり眠るために、アイマスクは必ず持っていくようにしています。おすすめは柔らかくて長さを調整できるタイプ。
※筆者が利用しているのはこちら→
筆記用具入国カード/出国カードなどを記入する際に使います。
歯ブラシセットロングフライトや深夜便の際は、トランクではなく機内持ち込み荷物に歯ブラシセットを入れています。
機内用便利グッズ深夜便の時には、フットレスト用クッションを持っていきます。小学生になると寄りかかって来られたらかなり重いので、足元にクッションを置いて寝てもらうようにしています。
※筆者が利用しているのはこちら→
ブランケット
防寒具
LCCの機内はものすごく寒いのですが、ブランケットは有料です。我が家はコンパクトにたためるユニクロのウルトラライトダウンを持っていきます。
携帯用スリッパ持ち帰るのが嫌なので、機内で配布される使い捨てタイプを使用しています。

 

子連れ海外旅行で役立つおすすめの持ち物

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

ここまで海外旅行の持ち物リストを紹介しました。

最後に、子連れ海外旅行へ行き始めてから、筆者が買い足した持ち物を以下に載せてみます。

盗難防止グッズ

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

幸いなことに、私はこれまで海外旅行中に盗難に遭ったことがありません。

 

しかしながら、一度だけトランクを開けられた形跡があり、それから盗難防止アイテムを使うようになりました。

もし、盗難に遭ったら楽しいはずの旅行が台無しになってしまいます。

 

100円~2000円ぐらいで買えるもので、十分抑止力になると思うので、導入することをおすすめします。

パッドロックチャック式トランクを一度開けられた痕跡があったので、購入しました。気休めだとは思いますが、つけている方があけにくいと思われるので、狙われにくくなるそうです。
盗難防止チェーン子供がいると、つい荷物から目が離れてしまいがちです。盗難防止チェーンはトイレに行く時などにも役立ちますよ。
※筆者が利用しているのはこちら→
TSAロック付き
トランク用2重ベルト
こちらもチャック式トランクを一度開けられた痕跡があった後に購入しました。付けるときがちょっと面倒ですが、開けにくいトランクだと思わせるのに一役買ってくれます。
※筆者が利用しているのはこちら→
ウェストベルト100均のものを使用しています。独身時代から20年ぐらい使っていたものが最近壊れたので買い換えました。安いけど長持ちするのでおすすめ。

 

節約グッズ

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

子連れ海外旅行は、いろいろとお金がかかります。

 

小学生になると食事も一人前しっかり食べるようになってきますので、できれば宿泊先で自炊するのがベター。

 

節約する方法としては2つのやり方があります。

Airbnbやキッチン付きのアパートを借りる
ホテルで調理できる器具を持っていく

 

Airbnbは宿泊費を抑えるのにおすすめのサービスですが、ホテルに比べて立地が不便だったり、子供宿泊NGだったりする物件が比較的多い印象です。

 

我が家の場合は、観光に便利な立地にある安価なホテルに宿泊し、調理器具を持って行く方を選びました。

ヤザワトラベル
マルチクッカー
110v/220vのどちらの電圧でも調理できる変圧器不要の調理器具。スープや煮物を作ったり、ご飯を炊くこともできます!赤ちゃん連れで海外旅行している方や、長期で海外出張に行く方が愛用していると知り、わざわざ日本で購入して持ち帰りました。
値段も安いし、コンパクトで持ち運びに便利。一押しのアイテムです!詳細はこちらから→
サランラップホテル自炊に欠かせないアイテム。おにぎりを握ったり、チーズやハムの残りを保存したり、マルチに使えます。使い終わりぐらいの少ないものを持っていくようにしています。
古くなったタッパーホテル自炊で食器代わりに使用したり、部屋で作ったサンドイッチなどを入れてお弁当箱にしたりしました。捨てて帰れるようなものを持って行きます。
折りたたみ式の箸コンパクトで場所を取らないお箸。アウトドア用ですが、軽量化されているので海外旅行にもぴったりです。
筆者のおすすめはこちら→

その他のグッズ

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

その他のアイテムについては、以下の通りです。

トランク用
重量スケール
飛行機に乗る際はチェックイン荷物や手荷物の重量制限があります。LCCは特に厳しいので、重量スケールで毎回確認してから空港へ行くようにしています。
筆者が利用しているのはこちら→
角ハンガー子供の靴下や下着は小さいものが多いので、洗濯バサミがたくさんついたピンチハンガーの方が干しやすいです。100均で小さめのものを買いました。
ひも付き洗濯バサミ洗濯ひもは、ホテルのバスルームについている場合が多いので、そこにつけられるひも付き洗濯バサミを持っていくようにしています。子供の服を干す時に便利。

子連れ海外旅行の持ち物はこれでばっちり!

子連れ海外旅行におすすめの持ち物

子連れ海外旅行にいつも持っていく、持ち物リストを紹介しました。

子連れ海外旅行で荷物を減らすためには、旅行先の天候やアクティビティに合わせて必要なアイテムを的確に選び、最低限の数量だけパッキングするということです。

小学生になれば、子供も自分の荷物を自分で持てるようになりますので、親の負担も少し減りますよ。

子連れで海外旅行へ行くと、手荷物に対して目が行き届かないこともしばしば。防犯対策をしっかり行うことも忘れないでくださいね!

良い旅になりますように!

 

次回のエイゴタスでは、もうすぐやってくるクリスマスに向けて【小学生向け】クリスマスにおすすめの英語ゲーム&歌【まとめ】を紹介します。

 

どうぞ、お楽しみに!

 

タイトルとURLをコピーしました