スポンサーリンク
スポンサーリンク

小学生の英語学習は何から始めたらいい?家庭でできる簡単7ステップ

小学生の英語学習子供の英語勉強法
お悩みママ
お悩みママ

2020年から小学生の英語教育が本格的に始まるけど、うちの子は大丈夫かしら?親としてできるだけサポートしてあげたいと思うけど、小学生の英語学習って一体何から始めたらいいのかわかりません。

 

こういった悩みにお答えします。

 

 

本記事のテーマ

【小学生の英語学習】を年齢別に7つのステップで解説します!

 

読者さんへの前置きメッセージ

こんにちは、マルリン(@eigotas)です。

本記事は「これから小学生になる子供や既に小学生になっている子供の英語学習を、何から始めたらいいか分からない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで「小学生の英語学習ではどんなことから始めればよいか」が分かるように、年齢別に英語学習の方法をまとめました。

家庭で簡単にできる小学生向けの英語学習のコツを詳しく解説しています。

筆者が実際に小学生の子供に実践した英語学習方法も紹介しています。

 

記事の信頼性

記事を書いている私は、英語学習歴28年。英語、マレー語、広東語を話すマルチリンガルです。英検1級/TOEIC960点。留学経験ゼロで海外就職し、海外在住歴は17年ほど。過去に、中学生や高校生向けの塾で英語を指導した経験があり、これまで独学で身につけた英語学習法をベースに、現在は小学生の娘を英語教育をしています。娘の母語を保護したいという夫の希望もあり、一家で本帰国予定。娘は某大学附属の帰国子女学級を受験させ、見事合格しました。
スポンサーリンク

小学生の英語学習は何から始めたらいい?

英語を勉強している子供たち

 

2020年から小学生の英語教育が必修となり、ますます英語教育の重要性が高まっています。

これから小学生になる子供のいる方や、既に小学生の子供がいるご家庭では、小学生の英語教育は、何から始めたらいいのか、不安を抱えていらっしゃるのではないでしょうか?

 

文部科学省の発表によると、小学生の英語教育が本格的に始まるのは、高学年(小学5年生、6年生)と定められており、現在、高学年の子供たちが学んでいる内容は、中学年(小学3年生、4年生)から導入されることになりました。

 

小学生の英語の教科書

こちらは、小学4年生で実際に使われている英語の教科書の1ページです。

ご覧いただいて分かる通り、英語で曜日が描かれており、「今日は何曜日?」という簡単な表現を学ぶ内容となっています。

 

小学生の英語学習では、難しい文法やイディオムは必要ありません

 

まずは、子供に英語の楽しさを伝えることから始めましょう。

 

【幼稚園~低学年】の英語学習は体を使って進めよう

英語を勉強する女の子たち

幼稚園から小学校低学年までの子供の英語教育は、体を使って英語の楽しさを体験していきましょう。

この年齢の子供は親と一緒にできることが嬉しい時期ですので、一緒に歌ったり踊ったりしながら「日本語とは違う言語がこの世の中にはある」ということをまずは教えてあげてください。

【中学年~高学年】の英語学習は話すことや文化体験も視野に入れて

英語を勉強する小学生

中学年から高学年にかけては、学校の英語の授業が始まります。

 

簡単な挨拶や曜日の名前など、基本的なことを教わりますが、ほとんどが私たちの「生活に密着した身近な内容」なのです。

 

英語圏の文化や英語を話す人たちはどんな暮らしをしているのかを知ることで、子供の目線を世界を見る方向に向けてあげましょう。

 

 

小学生の英語学習を成功させるための3つのポイント

英語の黒板

 

お悩みママ
お悩みママ

小学生の英語学習はどんなことをやれば良いか、なんとなくイメージはつかめたけど…。「子供がやりたくない」と言ったり「続かない」のが悩みなのよね…。

英語学習に関する悩みは、大きく分けて2つ

 

・子供が英語に興味を示さない
・英語学習を始めたけれど長く続けられない

 

私にも小学生の子供がいますので、みなさんが悩む気持ちがよく分かります。

子供をいかにうまく「のせる」か、そして「あきさせない」かに、私も苦心してきました。

この悩みを解決するためのヒントを以下に3つ紹介してみます!

小学生の英語学習は楽しいと思わせることがカギ!

笑顔の子供

一つ目のヒントは、子供に楽しいと思わせることです。

 

大人の英語学習にも共通して言えることですが、英語に興味を持つきっかけ作り非常に大切です。

 

例えば、レゴが好きな男の子だったら、英語のレゴアニメを一緒に視聴したり、海外のレゴマニアがやっているYoutubeを見たり、こういったことから英語への興味関心を高めるような方法もあります。

 

ディズニーアニメ「アナと雪の女王」が好きな女の子だったら、一緒にテーマソングLet it goを英語で歌ってみるのも良いでしょう。

 

とにかく、子供が楽しいと思えることに重点をおいて、まずは英語への興味の種をまきましょう。

 

子供の個性を大切にし周囲と比べない

sad baby

次に大切なのが、子供の個性を大切にして他人と比べないということです。

これは英語学習にかぎったことではないのですが、子供は他の人と比べられると突然やる気を失います

 

私にも、苦い経験がありますが、周囲の人と比べられると子供は卑屈になってしまうんですよね。

「◯◯ちゃんは、英語習ってるんだってあなたも行ってみる?」
「△△ちゃんは、もう英語の勉強始めてるらしいよ」

こういったたきつけ方はNGです。

 

お友達が英検を受験したと聞いても、我が家では一度も英検を受験させていません。

 

競争させようとすると、子供はプレッシャーを感じるだけですので、焦らなくていいし今のあなたのままでいいよと声かけするようにしています。

 

 

また、文法的な間違いや正しい英語表現に最初からこだわりすぎるのもよくありません

 

子供が英語に興味を持っている事自体を「素晴らしいこと」だと肯定してあげましょう。

 

 

ちっち
ちっち

ママ、今日は学校であったことをパパに英語で教えたんだよ~。「跳び箱」って英語でなんて言うか分からなかったから I jumped the boxって言ったけど通じたの!

 

 

マルリン
マルリン

あら、すごいね!英語で「跳び箱」ってなんて言うのか、一緒に調べてみようか?ママも知りたいなぁ。

 

ちっち
ちっち

いいよ!じゃあ、ママが一緒に調べて!分かったらもう一回パパに英語で言ってみるね!

我が家では、娘が英語を進んで話した時にはとにかく褒めるということに気をつけています。

 

一人一人の個性や興味を大切に育ててあげましょう。

 

親が無理強いしない

child with mom

最後に、親が子供に無理強いしないこと!

これが一番難しいところで、私もほんとに苦労している点ですが、できるだけ子供の自主性を重んじてあげてください。

 

具体的には、小学校低学年ぐらいまでは、ある程度親主導で英語学習を進めていけますが、小学校中学年ぐらいからは子供に自分で決めさせるというのがポイントです。

 

例えば、学校で習ってきた英語授業の内容をお母さんに音読して聞かせるとか、英語のアプリゲームを1日1回(5分~10分)やるなど、子供に自分でルールを決めさせて親は見守るというやり方がおすすめです。

声のかけ方としては

マルリン
マルリン

今日は英語のクラスが学校であったんでしょう?ママ、ちっちがどんなこと習ったのか知りたいなぁ。教えてくれる?

ちっち
ちっち

いいよ!あのね、今日はクラスのみんなで英語ゲームしたんだよ~!

マルリン
マルリン

なになに?どんなゲーム?ママも一緒にやりたいなぁ。ちっちやり方教えてくれる?

このような感じです。

キーワードは「教えてくれる?」です。

 

子供が得意になって教えてきますので、この魔法の一言を使って子供のやる気を引き出してください。

 

小学生の英語学習【幼稚園~低学年向け】のやり方3選

英語を学ぶ幼稚園児

子供のやる気の引き出し方、なんとなくコツをつかめましたでしょうか?

ここからは、小学生の英語学習はどんなことから始めたら良いかを年齢別にまとめてみました。

子供さんの年齢に合わせて、まずは家庭でお金をかけずにできることから始めてみましょう。

子供と一緒に英語アニメやDVDを見よう

minions

幼稚園から小学校低学年の子供の英語学習には、英語のアニメ動画がおすすめです。

 

無料動画もたくさん出ていますし、子供の好きなキャラクターがあれば、DVD作品を一緒に見るのも良いでしょう。

 

英語動画がなぜ子供に向いているのかというと

 

英語が分からなくても、なんとなく絵を見たら意味が分かる

 

からです。

 

これは、大人の英語学習にも言えることですが、例えば、テニスをしている映像を見ながら

“John is playing tennis.”

という英語を聞いたら、テニスの映像だけでなんとなく「あ、テニスをやってるな」と分かりますよね?

そうすると英語が分からなくても、tennisという単語が聞き取れたれば、一部分だけでも全体が理解できるということにつながります。

 

何より英語アニメが楽しいから、子供が見たい!と言い出す確率が高いので、英語アニメや動画を一緒に見るのは、効果的な学習方法だと考えます。

 

私のおすすめ英語アニメ&動画は以下の記事で紹介しています。参考にしてみてね!

子供が興味を示したら英語のアルファベットを教えよう

alphabets

 

英語動画や英語アニメで子供が英語に興味を示したら、次はアルファベットを教えてみましょう。

 

年齢別におすすめの教材は以下の通りです。

 

 

年齢教材選び方のポイント
幼稚園児

(3歳~5歳)

英語ブロック

英語パズル

音の出る英語絵本

・鉛筆をしっかりと握れないので、書く必要がない教材を選ぶ

・木製ブロックなど子供が繰り返し遊べるものが◯

・音の出る絵本は子供が押して遊べるので低年齢の幼児から使える

低学年の小学生

(6歳~8歳)

英語アルファベットのぬりえ、英語アルファベットノート・鉛筆を握れるようになるので書き込めるタイプの教材を選ぶ

・好きなキャラクターの教材など子供が興味を示すものを選ぶ

我が家の場合は、はめ込み式の木製英語パズルを2歳ぐらいから使っていました。

「A」 Apple

「B」 Boat

などのように、絵がついているので簡単な英単語も一緒に覚えられるものです。

 

音の出るアルファベット絵本は、一緒に歌える歌が入っているタイプを使用しました。

繰り返し遊べるのとシャドーイング効果で、英語をそのまま丸暗記できるというのがおすすめポイントです。

 

英語アルファベットのぬりえは無料教材もあります。ディズニープリンセスや男の子なら「カーズ」のぬりえなどもありますので、性別や子供の興味に合わせて選ぶことをおすすめします。

 

\我が家で読んでいた英語の絵本の中から特におすすめの絵本を以下の記事で紹介しています/

英語の発音が分かるフォニックスを聞いてみよう

singing girl

フォニックスとは、英語のアルファベットの発音を覚える方法の一つで、英語圏の国々では子供が最初にアルファベットを勉強するときにフォニックスを一緒に学びます

フォニックスを学ぶと、英語の発音をよくすることもできますし、英語のリスニングが聞き取りやすくなる効果が見込めます。

また、フォニックスを学べば英語の単語の読み方が分かるようになりますので、小学校中学年以降で英語学習が始まった後にも役立ちます。

我が家では、フォニックスの無料動画を見たり、CD付きの本を購入したりしてフォニックスの勉強をしました。

 

小学校低学年ぐらいまでは、ある程度親の言うことも聞きますし、発音練習なども恥ずかしがらずに楽しんでやってくれます。

 

発音を伸ばすならこの時期がチャンスです。

 

大人の英語学習にも使える内容なので、フォニックスについてはまた別途詳しく紹介する予定です。

 

英語の発音が劇的にうまくなる「フォニックス」とは?(準備中)

 

小学生の英語学習【中学年~高学年】のやり方4選

小学生の子供たち

続いては、中学年から高学年向けの小学生の英語学習のやり方を見ていきましょう。

中学年から高学年になると、だんだん子供の自我が強くなってきますので、親の言うことを聞かなくなってきます。

 

そこをいかにクリアするかが、小学生の英語学習のカギと言えます。

 

進め方のポイントは以下の通り

 

・親は英語学習に使えそうな教材やアプリなどをそれとなく提案する

・子供自身にやってみたい英語学習方法を選ばせる

・具体的な進め方は子供に決めさせる

・親は時々声かけをしながら子供の英語学習を見守る
どんなに良い教材があったとしても、子供がやる気になってくれなければ、意味がありません。
大切なのは、親が良いと思う教材などをある程度リサーチして子供に提案し子供自身が自分でやると決めることだと思います。
マルリン
マルリン
 ちっち、ママおもしろい英語のゲームアプリ見つけたんだけど、興味ある?
ちっち
ちっち

え?どんなの?私もやってみたい!ママのスマホでやらせてくれる?

マルリン
マルリン
 いいよ。ママもちょっとやってみたけど、クリアするとポイントがもらえるみたい。英語も遊びながら勉強できるし一石二鳥だね~
我が家の場合は、ちっち(娘)が動画好き&アプリ好きなので、英語の無料アプリや英語動画などを見つけてきて、それとなく「こんなのあったけど、どう思う?」といった感じで提案しています。
提案する英語教材は、子供の興味に合わせて選ぶと成功する確率が上がります。

簡単な英語フレーズや単語を覚えよう

英語のアルファベット

 

中学年から高学年の小学生の英語学習では、最初に、簡単な英語フレーズや単語を覚えることをおすすめします。

2020年からの小学校の英語学習では、2年間で約600語の英単語を覚えることを学習目標の一つに掲げています。

英語の単語の覚え方のコツとして、会話やフレーズの中で覚えるというやり方があります。単語帳だけを見るよりも覚えやすく、忘れにくいのが特徴です。

 

また、英語の単語帳や辞書を買うなら、絵で見て覚える「ビジュアルタイプ」の教材がおすすめです。

 

絵で見ることにより、その英語の単語やフレーズを使う場面をしっかりと記憶できますし、イメージがわくので覚えやすいという特徴があります。

 

\我が家で実際に使っている小学生向けの英語学習の本はこちらの記事で紹介しています/

 

英会話教室やアプリでコミュニケーションの楽しさを体験

スマホを持つ小学生

 

我が家の場合は海外在住ということもあり、こちらに住んでいるローカルのお友達と遊ばせることで、英語を話すしかない状況を作ったりしています。

 

ちっち
ちっち

ママ、Oliviaが一緒に遊ぼうって誘ってくれた!私、あんまり英語話せないけど、やさしくしてくれたよ!

マルリン
マルリン

良かったね~。ママから見たら、ちっちはいっぱい英語を話せてたと思うよ!ちゃんと通じてるから一緒に楽しく遊べてるんだと思うよ!いっぱい遊んでおいで~

 

娘は英語を話すことに自信がなかったり、少しコンプレックスに思ったりしているようですが、通じているから自信を持ってと励ますとまた友達の輪の中に戻っていきます。

スパルタかもしれないですが英語を話す機会を作ると遊んでいるうちに、知らない単語を覚えて帰ってきますので効果抜群です!

 

とはいえ、日本に住んでいたらなかなかこういった機会を作るのは難しいと思います。

オンライン英会話や英語アプリなどの無料レッスンなどを利用して、英語でコミュニケーションを取ることの楽しさを体験させてみてはいかがでしょうか?

 

\我が家で愛用している小学生向けの英語アプリはこちらの記事に載せています/

英語の基本文型Be動詞と一般動詞を覚えよう

黒板

小学生の英語学習では、基本的に難しい文法は必要ありません。

be動詞と一般動詞の現在形、この2つだけ分かっていれば十分です!

英語が好きな子供だと、どんどん覚えていくので親もつい、あれもこれもと勉強させたくなります。

 

しかしながら、あまり早い段階で詰め込み学習させると子供は混乱します

日本人学校では、英検の受験案内が小学校3年生から始まりますが、我が家は一度も受験させていません。

というのも、英検5級の内容には、既に「過去形」や「現在進行形」といった文法が含まれているからです。

私は、中学生になって過去形を学ぶまでは、英検5級は受験しなくて良いと考えます。

海外旅行で英語文化に触れてみよう

地図が描かれた手

小学3年生から4年生ぐらいになると子供を連れて旅行に行くのもそれほど大変ではありません。

また、子供の記憶も残りやすい年齢ですのでこの時期から親子で海外旅行へ行って英語文化に触れてみるというのもおすすめです。

我が家の場合は、小学3年生(8歳)から本格的な海外旅行をはじめ、これまでインドネシア、カンボジア、台湾、オーストラリアの4ヶ国へ行きました。

現地ツアーに参加したり、現地のスーパーでお買い物したり、様々な体験をさせています。

英語だけでなく地理や歴史を学ぶことにもつながると思いますし、何より家族の良い思い出になりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

子連れ海外旅行の記録もつづっています。旅費を安くするコツも掲載していますので、興味のある方はご覧ください。

バリは天気のいい8月がベスト!子連れ旅行の旅費と安くするコツも公開(準備中)

 

小学生の間に達成したい英語学習の目標

小学生の英語学習の目標

小学生の英語学習は、これだけできれば大成功!

・アルファベットの大文字、小文字が書けて読める

・ローマ字を読める

・簡単なフォニックスを学び、簡単な単語が読める

・英語の音声を聞きなれていて抵抗を感じない

・簡単な英単語、英語フレーズの意味を知っている

・be動詞といくつかの一般動詞を使うことができる

すべて完璧である必要はありません。
どれか一つでも達成できれば、英語に対する「抵抗感」を減らすことができます。
焦らずじっくり取り組みましょう。

小学生の英語学習は子供の興味を育てることから始めよう!

英語を勉強する中学生

小学生までの英語学習は「英語の種をまく」時期です。遊びながら楽しく英語を身につけることを目指しましょう。

もし、子供が英語に興味を示さない場合は、英語を楽しいなと感じられるような経験を継続して与え続けることが重要です。

 

家庭で英語の歌やDVDを流して聞かせたり、英語のゲームアプリをしたりと、英語に触れるのが当たり前という環境を作ることを心がけてください。

 

タイトルとURLをコピーしました