スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年最新版【小学生におすすめの英語の歌9選】無料動画とCDで覚えよう!

小学生の英語の歌子供の英語動画・アニメ
お悩みママ
お悩みママ

子供に英語の歌を歌わせると発音がよくなったり、英語に興味を持ちやすいって聞いたけど、どんな歌がいいのかなぁ?

 

うちの子供はもう小学生だし、あまり幼稚な英語の歌だと逆に嫌がるんじゃない?

 

シロクマ
シロクマ

小学生向けの英語の歌は、年齢に合わせてテンポや歌詞の内容を考えて選ぶのがおすすめだよ。これから学年別におすすめの英語の歌を9つ紹介するから、ぜひ参考にしてみてね。

 

 

幼児向け英語の歌は別の記事で執筆していますのでこちらをご覧ください。

【幼児におすすめの英語の歌8選】無料動画とCDで覚えよう!(準備中)

 

本記事のテーマ

小学生が楽しく歌えるおすすめの英語の歌とCDを見つけよう!

読者さんへの前置きメッセージ

こんにちは、マルリン(@eigotas)です。

本記事は「小学生の子供に英語の歌を覚えさせたいけど、どれがよいか分からない」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで「小学生が本当に楽しみながら歌える英語の歌」(無料版)とおすすめのCDを知ることができます。

筆者が実際に家で小学生の子供と一緒に覚えた盛り上がる曲を中心に掲載していますので、ぜひ、参考にしてみてください。

記事の信頼性

記事を書いている私は、英語学習歴28年。英語、マレー語、広東語を話すマルチリンガルです。英検1級/TOEIC960点。留学経験ゼロで海外就職し、海外在住歴は17年ほど。過去に、中学生や高校生向けの塾で英語を指導した経験があり、これまで独学で身につけた英語学習法をベースに、現在は小学生の娘を英語教育をしています。娘の母語を保護したいという夫の希望もあり、一家で本帰国予定。娘は某大学附属の帰国子女学級を受験させ、見事合格しました。

 

スポンサーリンク

小学生におすすめの英語の歌9選【無料動画】

英語で歌を歌う子供

2020年から小学生の英語学習が必修化されるのに伴い、ますます英語を学ぶことの重要性が高まっている昨今。

うちの子供にも、なにか英語を学ぶきっかけを作りたい、いい方法がないかな?と探している保護者の方も多いのではないでしょうか?

我が家にも小学生の子供がいますので、私も小さい頃から、何が子供にとって一番楽しく英語を学べる方法なのか、常に模索してきました。

結論から言うと、子供が英語は楽しいと感じるためには、耳から英語を聞いたり、体を動かしたり、五感をフルに使って楽しむことが大切です。

英語の歌は、まさに子供の五感を刺激する最高の教材なのです。

今回は、我が家でよく子供と一緒に歌っている小学生向けの英語の歌を9選紹介していきます。

学年別に選びましたので、子供さんの年齢に合わせてまずは無料動画から試してみてください。

低学年向けの英語の歌

 

小学校低学年向けの英語の歌は、テンポがゆったりとしていて同じ歌詞を繰り返し歌うような歌がおすすめです。

お誕生日の歌のように、実生活の中で歌える曲だと、子供が英語で歌うチャンスも作れるのでおすすめです。

The ABC Song

日本語名「ABCの歌」は、英語のアルファベットを覚えるときに、誰もが一度は聞いたことがある代表的な歌の一つ。

歌詞は日本語版と英語版で少し違いがありますが、親子で一緒に楽しく歌えるおすすめの一曲です。

 

マルリン
マルリン

我が家では、幼児の頃からお風呂に入る時にこの曲を歌ってました。懐かしいなぁ

Happy Birthday To You

日本語名「お誕生日の歌」でCDに収録されている子の曲は、実生活で使うチャンスのあるおすすめの英語の歌です。

カタカナ読みで「ハッピーバースデートゥーユー」ではなく、きちんと英語の”th”を意識して発音できるようになると、とてもかっこいいですね。

英語と意識しなくて済むので、お友達の前でも恥ずかしがらず歌えるようになりますよ!

 

ちっち
ちっち

いつもお誕生日は英語でHappy Birthdayと歌ってるよ!

It’s a small world

 

 

日本語名「小さな世界」と聞けば、みなさんご存知ですよね?ディズニーランドのアトラクションでも有名な定番ソングです。

いろんな国の国旗を見たり、いろんな国の民族を見たり、外国を意識することにもつながるので、そういった意味でもおすすめの一曲。

 

 

シロクマ
シロクマ

It’s a small world after all.という歌詞を繰り返すので覚えやすいよ。インターネットが急速に発達して、世界はこれからますます小さくなりそうだよね~。

 

 

中学年向けの英語の歌

 

続いては、小学校中学年の子供向けの英語の歌を紹介します。

中学年になってくると、学校でも外国語活動が始まり、徐々に英語表現や英語の語彙も増えていきます。

また、低学年に比べてだんだん英語で歌うのが恥ずかしいと思うようになってきますので、歌詞が少し複雑で歌えたらかっこいいと思えるような曲を選ぶというのがポイントです。

 

Let it go

 

日本語名「ありのままで」は世界的なヒットを記録したディズニー映画「アナと雪の女王」の主題歌です。歌詞のLet it go.の部分は、英語が分からない子供でもリピートしやすく、メロディーと共に覚えやすいのがポイントです。

 

ちっち
ちっち

ママと一緒に熱唱してるよ!

 

Stand by me

 

スタンド・バイ・ミーは、1986年公開のアメリカ映画「Stand By Me」の主題歌。黒人歌手ベン・E・キングが歌って大ヒットした名曲です。

Stand by me.(そばにいて)という歌詞と、センチメンタルな少年の夏休みを描いた作品の雰囲気が、小学生から中学生ぐらいの子供にも共感を得やすい一曲です。

 

シロクマ
シロクマ

歌えたらちょっとかっこいいなと思える一曲だよね。

When you wish upon a star

日本語名は「星に願いを」というタイトルです。1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌としてジミニー・クリケット(コオロギ)が歌いました。

アメリカ映画主題歌ベスト100の第7位(ディズニー関連作品では最高位)にランクインしている名曲で、歌詞も平易で歌いやすく、誰にでも覚えやすい一曲です。

賑やかなキッズ向けの曲ではないので、中学年から高学年向き。

 

マルリン
マルリン

子供が女の子だと精神的にも早熟なので、中学年ぐらいからこういった大人っぽい曲(洋楽)を聞かせるとよいと思います。

 

高学年向けの英語の歌

 

高学年向けの英語の歌は、ポップソングやレゲエなど、子供向けの曲というよりは、大人が聞いて楽しめるような洋楽のナンバーを選曲してあげるとよいと思います。

今回は、ビートルズやマイケルジャクソンなどをピックアップしていますが、カーペンターズやホイットニー・ヒューストン、最近の歌手だとレディ・ガガやビヨンセなども小学生が喜んで歌う曲が多いです。

Obra di obra da

「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ」(Ob-La-Di, Ob-La-Da)は、1968年に発表されたビートルズのアルバム『ザ・ビートルズ』に収録されたレゲエ風のポップソングです。

英語っぽくないOb-La-Di, Ob-La-Daのような歌詞が入っているので、最初は、なんとなくそこだけ口ずさみながら覚える程度でもよいですね。

明るいノリの曲ですので、元気がないとき、気分が乗らない時に聞くと子供もやる気がアップするかもしれません!

Singing in the rain

『雨に唄えば』(Singin’ in the Rain)は、1952年公開のミュージカル映画の主題歌です。

古典的な歌ではありますが、踊りだしたくなるようなメロディーとシンプルな歌詞ですので、子供が覚えやすい一曲。

 

 

シロクマ
シロクマ

古い映画だけど一緒に作品を見てみるのもおもしろいかもね!

We’re the world

1985年にアメリカで発売されたWe’re the worldは、アメリカの有名アーティストが集まって「USAフォー・アフリカ」というテーマで作られたキャンペーンソングです。

アフリカの気がと貧困層を解消するというチャリティー目的で作られたので、歌詞もポジティブな内容で子供に聞かせるのにふさわしい内容です。

マイケルジャクソンなど、有名アーティストのカバー版もたくさん出ているので、子供が好きなアーティストがいれば、カバー曲を聞かせるのも一案。

 

小学生におすすめの英語の歌【CD】

続いて、小学生におすすめの英語の歌が入ったCDを2つ紹介します。

低学年向けのものと、高学年まで聞けるものの2つ挙げましたが、我が家は「頭のいい子が育つ 英語のうた45選」の方をよく移動中の車の中でかけていました。参考にしてみてください。


楽しい英語のうたベスト60

CD名楽しい英語のうたベスト60
おすすめの年齢幼児から低学年
収録内容英語の童謡全60曲。CD2枚付き。体を動かしたり手遊びができる曲が多く、幼児から低学年が楽しみながら聞ける選曲となっている。
収録曲目1. ロンドン橋
2. こげこげボート
3. バスのうた
4. 大きなふねにのるもの
5. ふなのりがうみへいったよ
6. ホーキ・コーキ
7. 頭と肩,ひざとつま先
8. 幸せなら手をたたこう
9. おめめがふたつ
10. 大きな栗の木の下で
11. 小さなピーター・ラビット
12. 熊さんが山へ行きました
13. いたちがぴょんとはねてでる!
14. 動物たちが 行進だ!行進だ!
15. ヤンキー・ドゥードゥル
16. ドレミの歌
17. お誕生日のうた
18. あるおじいさん
19. ゆかいな牧場
20. ハバードおばさん
21. 田んぼの中の一軒家(谷間の農夫)
22. オーバー・イン・ザ・メドウ
23. ジャックとジル
24. ハンプティ ダンプティ
25. ヒコリ・ディコリ・ドック
26. ヘイ・ディドゥル・ディドゥル
27. パパとダンスを踊ろう
28. ウィー・ウィリー・ウィンキー
29. きらきら星
30. ゴールデン・スランパーズ

 


CD2枚付 頭のいい子が育つ 英語のうた45選

CD名CD2枚付 頭のいい子が育つ 英語のうた45選
おすすめの年齢低学年から高学年まで
収録曲数ミュージカルの超有名曲や、昔からある海外の童謡など、英語の歌を45曲収録。映画の名曲などが含まれているので、高学年にもおすすめできる曲が豊富。CD2枚付き
収録曲目1.Tomorrow トゥモロー
2.Ob-La-Di,Ob-La-Da オブラディ・オブラダ
3.Do Re Me ドレミのうた
4.The Lion Sleeps Tonight ライオンは寝ている
5.Humpty Dumpty ハンプティ・ダンプティ
6.Edelweiss エーデルワイス
7.Over the Rainbow 虹のかなたに
8.Puff,the Magic Dragon パフ、ふしぎなりゅう
9.Twinkle,Twinkle,Little Star きらきら星
10.My Favorite Things 私のお気に入り
11.Singin’ in the Rain 雨に唄えば
12.Take Me Home,Country Roads カントリーロード
13.Grandfather’s Crock 大きな古時計
14.We Are the World ウィー・アー・ザ・ワールド
15.We Wish You a Merry Christmas おめでとうクリスマス

小学生が英語の歌で得られる学習効果

英語の歌を歌う男の子

小学生に英語の歌を聞かせて、本当に効果があるのか?半信半疑という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私自身、英語に興味を持つようになったのは、中学生の時にラジオで聞いたベッドミドラーの名曲「ローズ」がきっかけでした。

英語の歌聞くと、なんて綺麗な曲なんだろう、どんな意味で歌っているのかな?

といった素朴な疑問が生まれます。

そこから歌詞の意味を知りたい、自分もかっこよく歌えるようになりたいといった欲求が生まれてくるのです。

他にも、たくさんメリットがありますので、以下に小学生が英語の歌を歌うことで得られる学習効果を簡単にまとめてみます。

英語に対する抵抗感がなくなる

1つめは、歌が楽しいので英語に対する抵抗感がなくなるということです。

歌を歌うのが苦手、嫌いという子供も中にはいるかもしれませんが、大半の子供は歌を歌うこと=楽しいと感じるようです。

コミュニケーションや自己表現の手段の一つとして歌を取り入れれば、英語とか日本語とか意識せず、楽しんで歌うことができます。

 

結果として、英語は勉強ではなく、単なるコミュニケーションツールなのだと認識できれば、子供の英語に対するネガティブな意識がなくなります。

英語の語彙が増える

英語の歌を歌うことのメリットは、他にも歌詞をそのまま覚えることで英語の語彙が増えるという点が挙げられます。

例えば、Country Road, Take me homeという歌詞を見てみましょう。

Country
Road
Take
Me
Home

どれも小学校高学年で習う基本的な単語ばかりですが、歌で歌いながら覚えれば5つ覚えるのに1分もかかりません

英語の歌をまるごと覚えていくことで、苦労せずに英語の語彙が増えるのです。

 

英語の発音がよくなる

大人はなかなかできないことですが、子供は耳から聞いた言葉をそのまま口に出して発音することができます。

ネイティブが歌う英語の歌を聞きながら、一緒に歌うことで、英語の発音がよくなるというメリットがあります。

最初は歌手のモノマネから入りますが、真似して歌っているうちに発音もよくなるので、子供が上手に真似していたら、ぜひ褒めてあげてください。

 

英語のリスニング力がUPする

小学生が英語を身につけていく過程で、もっとも重要となるのが耳からのインプットです。

英語の歌を聞くことで、ネイティブの発音に耳が慣れてきますので、英語のリスニング力が高まるというメリットがあります。

大人も、普通のリスニングより楽しみながら取り組めますので、ぜひ、子供と一緒に英語の歌を聞いてみましょう。

 

英語でコミュニケーションできるようになる

音楽というのは、世界共通の言語です。

英語の歌が歌えれば、国際交流会に参加したり、ホームステイの受け入れをしたりしたときに、外国の子供たちとうまくコミュニケーションをとるためのきっかけになります。

小学生も高学年になってくると、短期留学や海外旅行に連れ出して外の世界を見せるということが必要になってきます。

そういった場面で、外国人と接した時に共通の話題となる歌があると、互いの距離が早く縮まるのではないでしょうか?

 

小学生向け英語の歌の選び方

子供用の鉄琴

最後に、小学生向けの英語の歌を探す時に役立つ、選び方のポイントについてまとめておきます。

歌詞やフレーズが簡単で覚えやすい

小学生向けの歌を選ぶ時には、まず歌詞やフレーズが簡単で覚えやすいものを選びましょう。

サビの部分が繰り返し登場する曲なら、そこだけでも覚えられると自信がつきます。

 

聞きなれた童謡や定番ソングの英語版

まずは、分かる部分があるということが、子供のやる気をUPさせる秘訣ですので、日本語で知っている歌の英語版を選ぶことをおすすめします。

幼児向けの曲を例に説明すると「大きなくりの木の下で」や「きらきら星」などがあります。

 

小学校低学年なら「いちろうさんの牧場で」(Oh Mcdonald’s had a farm)などもよいと思います。

聞きなれた曲なら1曲完璧に覚えることもそれほど難しくありません。

 

子供が達成感を感じられるように知っている曲から練習させてみましょう。

 

楽しいと思える歌や好きなアーティストの曲

これが一番重要ですが、子供自身が聞いていて楽しいと思える歌や、好きなアーティストの曲を選ぶと喜んで英語の歌を聞いてくれます。

ディズニーファンなら、徹底してディズニーソングを英語で聞くようにすると、放っておいても子供が自ら進んで英語の歌を聞くようになります。

 

小学生の家庭学習に英語の歌を取り入れよう!

小学生向けの英語の歌を9つ紹介しました。

英語に興味を持たせるために、まずは無料動画を子供と一緒に視聴してみましょう。

同じ曲でも、Youtubeを使って視聴すれば、次々新しい曲や関連する曲の動画をYoutubeがおすすめしてくれますので、いろんな歌に興味を持つ可能性が高いです。

映像で見ながら歌を聞けば、視覚的にも英語を理解しやすくなるので一石二鳥!

ぜひ、小学生向けの英語の歌を家庭学習に取り入れてみてくださいね!

 

次回のエイゴタスでは、小学生は英語の単語をどう覚えたらいい?というテーマで語彙を増やす方法について解説します。

 

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました